デッサンとは、一般的に鉛筆や木炭などの単色画材を使用し、主に陰影描写によってモチーフの形を正確に描写していくための線画であると言えるでしょう。また、作品の構成を練るためのスケッチなどのことをデッサンと呼ぶ場合もあるでしょう。

いずれにせよデッサンとというのは、基本的に単色の画材で、目の前にある対象や、頭の中に浮かんだイメージやモチーフなどを客観的に捉え、その存在感や陰影などを立体的かつ写実的に描いていくものと言えるでしょう。

イメージやモチーフはより具体的に、対象やモデルの場合はそれを取り巻く空間を観察し尽くし、存在感や光を感じながら陰影の美しさを見出し、そこの部分を表現することによって造形やデザインに必要とされる観察力と表現力を培っていけるのではないでしょうか。

ホームページ作成なども含め、デザインや造形などに携わる人には、このデッサンの知識と技術というのは制作を行なっていく上で広く活用することができるため、身に付けておくことが望ましいと言えるでしょう。

デッサンで対象物の構造を観察し、構図を把握することは大切なプロセスと言えますが、こういったプロセス自体は、造形やデザインにおいては各表現における基本的な部分であるとも言えるでしょう。そのため、デッサンを描く際には、モチーフの成り立ちや個性を捉えていくことが大切になると言えるでしょう。

表面に見て取れる形と言ったものだけでなく、その背後で支えになっている構造という視点からの整合性を見抜く力が必要と言えるでしょう。観察し、特徴を捉えることで、その働きを知ると言ったところまで観察できることが望ましいと言えるでしょう。

[毎日一歩!ホームページ作成と育て方。]サイトトップへ