コンテンツのタイトルを付ける作業は極めて重要だとされています。何故ならユーザーはコンテンツの内容をタイトルから読み取り、読み続けるか否かを判断するからです。

しかもその時間は瞬時ですから、訴求力のあるタイトルが求められます。具体的には、キーワードを盛り込むことが求められます。ユーザーはキーワードを目にするだけで、一瞬注目するからです。必ず読み続けてくれるとは限りませんが、多くのユーザーの中には、そこから読み進めてくれる人もいるはずです。

グーグルもこの心理を掴んでおり、クリック率の高い記事を高く評価する傾向にあります。ですから、キーワードが入ったタイトルのコンテンツは上位表示される可能性が高くなるのです。

但し、不自然な形でキーワードを入れ過ぎると、却ってグーグルに嫌われてしまいます。グーグルはSEOに目を光らせているため、場合によってはスパムであると判断され、検索対象から除外されることもあります。

自然な入れ方が求められるのです。さて、タイトルに続く本文の作成において、気を付けるべきことは何でしょうか。グーグルに好まれる文章は、簡潔でありながらきちんと情報を伝えている文章です。

またビジュアルも大切で、改行等の工夫も求められます。文章の中に数値のようなエビデンスがあればなお好まれます。他にも、ユーザーの心理を考えれば、平易な言葉を使って書いた方が良いでしょう。

難しい言葉を多用すると、ユーザーは読む気を失くすものです。ところで文章はグーグル対策の観点だけでなく、文章力そのものも求められます。キーワードが入っていても、下手な文章であればユーザーは離れます。その意味では、ライティングスキルを身に付けることも、結果的にSEOになっているのです。

[毎日一歩!ホームページ作成と育て方。]サイトトップへ