フォントの与える印象

ホームページは、画像や色から与える影響も大きいですが、どんな文字のフォントを使うかでも変わってきます。文字のフォントは、代表的なもので明朝体・ゴシック体があります。明朝体は、筆で書いたような文字という特徴があります。文字をよく観察してみると、太い縦書きに細い横書き、三角形の装飾(ウロコ)などがあることが分かります。太さの強弱があり、多くの場合はゴシック体に比べて細い書体となっています。そのため、長い文章を書くときには明朝体が読みやすいと言われています。ヒラギノ明朝などのフォントが有名とされています。ゴシック体は、明朝体と違って文字の太さがほとんど同じになっています。ウロコなどの装飾もほとんどありません。同じ太さのために線が強く、どんなデザインであっても合わせやすいという特徴があります。タイトルや見出しなど、大きく短い文字を使いたいときには、ゴシック体が向いています。要点を説明するときには、全体的な読みやすさよりも、「文字がしっかりと分かる」ことが重要だからです。文字が太いために、場合によっては長い文章では読みづらくなってしまうこともあるようです。ヒラギノ角ゴシックなどのフォントが有名です。明朝体とゴシック体以外にも、装飾することを目的とした文字もあります。油性マジックのような文字や、書道の筆で書いたような毛質のフォントなど、種類はさまざまです。装飾されている分、「文字そのものを見せる」ということに特化しており、文章を読ませるよりも、デザインとして使用されることがほとんどです。一部分であればインパクトを与えることができますが、文章としては読みづらくなってしまうので、本文には使わない方が無難です。