dropboxと連携

スタティックタブplusの機能には、dropboxとの連携することができる機能があるのはご存知でしょうか。「dropbox」というのは、アメリカのdropbox社というところが提供しているオンラインのストレージサービスと言え、アカウントを作成するだけで2GBのストレージ領域を無料で利用できるというサービスでしょう。ファイルデータなどはいつでもアップロードが可能なため、多くの人が利用しているサービスと言えるでしょう。スタティックタブplusでは、facebookページなどで表示する画像や動画といった素材ファイルやFlashなどのファイルをdropboxにアップロードしておくことで連携することが可能なため、容量が大きいファイルなどをアップロードしたいといった場合には大変便利と言えるでしょう。この連携機能を使いたい場合、事前にdropboxのアカウントを作成しておくだけというのも手軽で人気があるポイントと言えるでしょう。これは、ビジネスサイトだけでなく、個人によるホームページ作成にも活かせる点と言えるでしょう。facebookのページにスタティックタブplusを追加するには、スタティックタブplusのページにアクセスし、スタティックタブplusをインストールするために「いいね!」ボタンをクリックする必要があるでしょう。それによりアプリ追加を示唆する画面が表示され、そこで追加したいfacebookページを選ぶことになるでしょう。facebookページが表示され、アプリメニューに「statictab」が追加されたらクリックし、管理画面を表示しましょう。「初期設定画面」をクリックし、アプリの利用認証へと進みましょう。ここではきちんと内容と公開範囲を確認することが重要でしょう。問題ない場合、adcode appsアカウントを登録する流れになり、アカウント種別を選択して登録しましょう。