一般的、または習慣的と言えるレイアウトの典型的パターンというのは、生活環境の中でもいくつか目にしている通りに多く用いられていると言えるでしょう。

ページ内の情報と言ったもの全てを一言で表したような「見出し」といった部分は、ページ上部もしくは中心に設置されることが多く、注釈と言ったように、情報の詳細を付け加えたりするものは、ページ下部もしくは左右どちらかの余白といった部分に設置されるのが多いと言った例が挙げられるでしょう。

見出しというのは目立たせるということが必須と言える情報であるため、レイアウト配置だけではなく、書体やサイズ、カラーといったもので強調していくこともあるでしょう。

見出しのように注目してほしい情報などは背景とのバランスや、形や色などの工夫によってコントラストを持ったデザインになるよう考慮されなければならないと同時に、文字や文章ともコントラストを持つようデザインされなければならないと言えるでしょう。

レイアウトの優先順位

ホームページ作成時のレイアウトにおいては、閲覧者に読んでもらいたい情報の優先順位を考え、それによって順序や重要度といった点を定めるべきと言えるでしょう。

その点を無視してしまうということは、閲覧者の視点を正しく導くことのできないようなサイトになってしまう危険性があるでしょう。上手に視点を誘導できるような配置を工夫していくことは必要不可欠であると言えるでしょう。

ご自身でホームページの制作をする際にレイアウト等に関して悩んだ場合には、ホームページ制作を札幌で行っている制作会社のサイト等にホームページ制作の仕方が載っていたりしますので、そういったサイトから制作の仕方を学ぶのも良いかと思います。

他にも、背景色や背景画像と言った部分にも注意しておきましょう。このような要素に指定される背景色や背景画像というのは、要素を構成するボックスの領域やパディング領域、ボーダー領域といったものに表示され、背景色の上に背景画像を表示するという関係になるでしょう。

指定した背景画像を利用できる場合、背景画像が前に表示され、透明部分がある場合、そこに背景色が透けて見えるということになるでしょう。レイアウトの際にはバランスを見て選択することが重要でしょう。

図形と錯覚

図形というのは視点を変えて見ると別の図形のように見えるということがあるでしょう。円柱を横方向から見てみると四角形に見え、底の方向から見てみると丸に見えるでしょう。

しかし、「鳥と花」というように、決定された視点を持つ図というものは、ある観点によって意味を付加して見られることを前提に作られていると言えるでしょう。このように意味付けと観点というものがあることを発見していくことで図を見る知覚のことを「アスペクト知覚」と呼ばれています。

反対に、同じ図であるのに2通りの観点を持ち、それぞれが違った意味付けで扱われるという図形は「多義図形」と呼んでいます。これには、対象と視点の距離によって見える図形が変わるという特徴を持ったものもあり、例えば、視点の距離によって人の横顔と野菜という図が見られる図形の場合、野菜を描写している図は繊細のため、近くから見ると野菜として見られ、繊細な描写が読み取れないほどの距離を取ると人の横顔に見られるといったものがあるでしょう。

このような視点から対象までの距離のことを「明視距離」と呼んでいます。特定の図形などは、物理的特性というものとは別に、人の視覚に対して固有な見え方をすると言われているものがあり、こういった図形のことを「錯視図形」と読んでいます。

これには、その図形を形成する線の長さや角度、複数の場合は各図形の大きさといったものに関係すると言えるでしょう。同じ長さの線であったとしても、その線が近くにあるか遠くにあるかということによっても視覚的長短が変わる「直線遠近法」や、同じ色であるのに明るさが違って見える「空気遠近法」といったものもこの一種と言えるでしょう。

ギブソンは、勾配が違うことによって奥行きの知覚が変化するということを指摘し、陰影が立体を捉える知覚に影響するという例になったと言えるでしょう。ホームページ作成時、二次元でのディスプレイモニタで三次元空間を表現したいといった場合、こういった遠近法の原理というものが活用されていると言えるでしょう。